PayPayボーナス運用(6ヶ月後)

 2021年11月1日現在、PayPayボーナス運用(6ヶ月後)の現状は,下図に示すとおりで,追加残高=3401円に対して,運用残高=4519円,運用利益=1118円(利益率32.87%)となっています。

 貴方は,この結果をどのように感じたでしょうか?「半年でわずか1118円の利益か・・・,やっても意味がない!?」と感じる人は,お金持ちになれないと思います。「半年で約33%,1年に換算すると約66%も利益が出ているのか!,どんな運用をしているのだろう?」と思った人は,お金持ちになれる可能性があります。

 PayPayボーナス運用でも書いたように,選択してるチャレンジコースは,「DIREXION S&P 500 3X(SPXL)」で運用しています。SPXLは,米国株式S&P500が上昇すればその3倍値上がりしますが、逆にS&P500が下落すればその3倍値下がりしますので,ハイリスク・ハイリターンの運用です。したがって,大金をSPXLで運用するのは,リスクが高すぎると思います。

 リスクを減らしたい場合は,資本家は儲かる!?でも書いたように,ネット証券で米国株式(S&P500) に連動する投資信託を買うのが良いと思います。投資信託への少額投資(10ヶ月目)の現状は,下図に示すとおりであり,投資金額=341,318円,資産合計=391,092円,利益=49,774円となっています。利益率は,10カ月で約14.6%,1年に換算すると約17.54%にもなります。

 株式投資は,当然リスクがありますが,リスクを取らないと利益を得ることはできません。米国株式S&P500は,日経平均や日経225を尻目に上がり続けており,日本の株式に投資するよりも安全かつ利益がでる投資先かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました