鎌倉・箱根の旅(1/3日目)

 自分でも最近旅行に行き過ぎだと思うのですが、前から行きたいと思っていた鎌倉・箱根の旅に行ってきました。利用したのは、いつものように阪急交通社のツアーで「≪富山空港発着≫3つの絶景遊覧と伊豆・富士・箱根・鎌倉を巡る旅 3日間」です。
 初日は、富山空港から羽田空港へ飛んで、そこからバスを利用して鎌倉を見学して、富士山麓のリゾートホテルで宿泊する行程です。しかし、羽田へ到着して集合場所へ行くと、添乗員から「岡山空港からの飛行機が遅れていて、出発が1時間ほど遅れます。」との案内がありました。最初から、波乱の予感です。
 その後、約1時間遅れてバスが出発しましたが、添乗員がバスの中で、「ANAからの説明では、岡山便が遅れた理由は、パイロットが不在でその手配に時間が掛かったためです。こんなことは初めてですが、この後の見学には影響ありませんので、ご心配いりません。」と説明する中、バスは鎌倉に向かって高速道路を走っていきます。

 高速道路を降りて鎌倉に近づくにつれ、道路がかなり渋滞していますが、なんとか鶴岡八幡宮横のバス駐車場に到着しました。まずは、源頼朝・北条政子に所縁の鶴岡八幡宮に参拝です。その後、鎌倉観光のメインストリートと言われている小町通へ行ったのですが、観光客でとても混んでいます。それでも、なんとか名物の「生しらす丼」や「大仏コロッケ」を食べることができました。

 集合時間になったのでバスに戻ったのですが、バスがなかなか出発しません。添乗員に聞くと、「駐車場の前の道路が渋滞していて、バスが出られない」とのことです。しかし、その後30分経っても、バスはピクリとも動かないので、お客の爺ちゃんが怒り出してしまいました。朝の出発の遅れもあって、ここで添乗員が「江ノ電に乗って鎌倉大仏に向かいましょう」提案し、急遽予定を変更して江ノ電に乗ることになりました。
 そこで皆で歩いてJRの鎌倉駅前に集合することにして、添乗員が先に江ノ電の切符を買いに行きました。しかし、集合場所に問題の爺さんたちが現れず、皆で心配していました。かなり時間が経ってから切符を買った添乗員に聞くと、先に江ノ電の鎌倉駅に行っていたとのことです。・・・・(^^;
 朝から予定がガタガタですが、ツアーでは乗車できない江ノ電に乗って、スラムダンクで有名な鎌倉高校前1号踏切も見ることが出来てラッキーでした。ちなみに、踏切周辺は、写真を撮る人で凄い人混みでした!

 しかし、江ノ電が遅いのと長谷駅から鎌倉大仏のある高徳院まで歩いたため、高徳院についた時には、バスが既に到着していました(笑)。ともかく、今回の旅の一番の目的である鎌倉大仏高徳院とその内部を見学して、写真をたくさん撮りました。大仏が意外に小さく見えるのと、せっかくの桜がまだ少し早くて3分咲き程度だったのが少し残念でした。ちなみに、私の出身地にある高岡大仏の方が大きく見えますし、男前だと思いました!

 鎌倉大仏を見学した後は、高速道路をひた走って、河口湖、富士山のすそ野に広がるリゾートホテルへに向かいました。日没になる直前に車窓から、富士山が綺麗に見えたのは、ラッキーでした。

oppo_0

 宿泊したフジプレミアムリゾートは、広大な敷地の中に様々な施設が配置されているため、客室棟とフロント・レストラン棟が別になっている上、温泉はマイクロバスで送ってもらう必要がありとても不便です。その上、夕食は、最近増えている大衆ホテルチェーンのバイキングと大差ない感じで、ちょっとガッカリですが、バイキングなのでたくさん食べてしまいました(笑)。部屋で飲み直しをした後は、約13000歩も歩いて疲れたので、早々に就寝しました。

タイトルとURLをコピーしました