HOME

技術者倫理

土壌汚染

考古学

技術鑑定

 

特許の話

所長紹介

所長の資料

建設リンク

所長紹介:竹内技術研究所

技術士試験の参考書と問題集

 所長は、石川県の中堅ゼネコン=真柄建設(株),富山県の地質系コンサルタント=(株)アーキジオを経て,長野県の設計コンサルタント=国土監理((株))に勤務している土木屋です。北陸を離れたのは、ゼネコン時代の東京支店の半年だけで、根っからの北陸人です。ゼネコン時代には,土木屋として現場や技術支援・研究開発の仕事に携わり、技術士(総合技術監理部門、建設部門)や博士(工学)の学位を取得しました。また,地質系コンサルでは、地質調査や土壌汚染調査、文化財調査等に携わりました。現在は,設計コンサルタントで土木設計や大学の非常勤講師等に取り組んでいます。Update 2020/4/1

基本情報

氏名等

氏 名

竹内 勝信(タケウチ カツノブ)

住 所

富山県高岡市出身,富山市在住

生 年

1959年(昭和34年)生まれ

学歴

昭和53年3月

富山県立高岡高等学校 卒業

昭和57年3月

金沢大学工学部建設工学科 卒業

平成7年3月

金沢大学大学院自然科学研究科(後期博士課程) 修了 博士(工学) 取得

資格

昭和61年3月

一級土木施工管理技士

平成4年2月

技術士(建設部門、土質及び基礎)

平成8年2月

技術士(建設部門、鋼構造及びコンクリート)

平成15年3月

技術士(総合技術監理部門、建設)

平成23年4月

コンクリート診断士

平成25年2月

土壌汚染調査技術管理者

   

職歴(業務経歴)

年度

所属

内容

昭和57年4月

平成10年7月

真柄建設(株)

道路・水路等の土木施工管理
土木施工に関する技術支援、研究
金沢大学大学院でコンクリートの研究
小口径推進工法の開発
7月退社

平成10年8月

平成18年3月

(株)中部日本鉱業研究所

8月入社
地質調査,地盤調査,土壌汚染調査
文化財調査,斜面防災工事等

平成18年4月

令和2年10月

(株)アーキジオ

4月社名変更
取締役,常務,副社長
10月退社

令和2年11月
〜現在

国土監理(株)

11月入社
測量・土木設計等

対外活動

種別

名称

内容

学会活動

地盤工学会

正会員,北陸支部監事

日本技術士会

正会員

北陸技術士懇談会

正会員,理事

社会活動 

富山県警察

鑑定人(地盤関係)

富山地方裁判所

鑑定人(建設関係)

富山県立大学

工学部 非常勤講師(技術者倫理)

特許・実用新案

種別

番号

名称

特許

第2790622号

推進管内測量用軌条走行車両

第2846285号

無人車両救援方法

第2878180号

曲線推進工法用誘導管

第2997205号

小口径管の曲線推進方法

著書・論文等

著書・論文名

著者

発表雑誌等名称

発表年月

塩分環境下におけるコンクリ-トのアルカリシリカ反応による膨張機構

竹内勝信

金沢大学大学院自然科学研究科,平成6年度博士論文, pp.1-161

1995年1月

Copyright(c)2006-2020 竹内技術研究所
ご意見や質問は,E-mailでお願いします!